メキシコ美女の人生は2択だけ?

なんだかな~と思った記事を読んだので、ご紹介。なんでも、 メキシコ北西部に暮らしているティーンの少女たちのことなんだけれど…、そのティーンたちは小さい頃から貧乏生活で、貧乏生活を抜け出すには麻薬組織の奥さんになるか、一生貧乏で苦しい生活をするか…。 でもね、麻薬組織の奥さんは確かに良い時は良いんだけど、敵対しているグループにつかまって嬲り殺され、悲惨な状態で見つかることも後を堪えないみたいだし、麻薬の共謀を担いだとして警察に逮捕されたりと、一生安定した幸せをつかむことはできないみたい。

ミスメキシコとかにも被害者が多いんだけど、美人だと麻薬組織に目を付けられて、捕まえられちゃうらしいんだよね。メキシコだと、ブスなら貧乏確定でも、平和な暮らしが保障されるのかな?

美人ならもうそれだけで幸せは保障されたと思ってしまう日本ですが、実は他の国では美人だからこそひどい目にあってしまう国もあるってこと、知っておいても損はないのかもね。